いんこな生活(凍結中)

twitterはじめました⇒https://twitter.com/nalking

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

片翼のジュリ  

ジュリ

父がもうすぐ帰ってきます。というか今日です。
退院日・・・これからの生活が正直不安です・・・隣の離れに住んでいるので呼ばれれば行けますから手伝いはしますが正直どこまで期待されているのか不安です。
期待されているほど毎日必ず同じ時間にお手伝いは無理です。

私のできる範囲でのお手伝いと理解しておいてね母。
母最近言い方がキツイ・・・

イライラしているんだろうけどねぇ。

ま、なるようにしかならんわな・・・なってから考えます。

後、写真は昔飼っていたセキセイインコの「ジュリっぺ」さんです。
性格にはジュリなんだけど、そんなハイカラな性格じゃなくオッサン性格だったのでジュリッペと呼ばれてました。
若い頃はよくしゃべってましたが、おじいちゃんになってからは、た-まに思い出したように壁に向かってしゃべっていたので旦那からボケ老人?ってw
頭つくつくでほぐさせて欲しいのに撫でさせてくれないツンデレでもありました。
片羽根を2歳で脂肪腫で切除してから10年生きてくれて12才の夏に☆になりましたねぇ。
最後は脳障害でしたが安らかにいってくれたのが印象的でした。

片方の翼を失ってからケージ好きになり動かなかったのでいつでも扉オープンで勝手に出入りしながらうろうろ楽しそう?というかフリーダムにケージ周りをうろちょろ。
同時期に来たチワワと仲良しで人間達が外出してしまって寂しくなると1羽と1匹でひとつの丸ざぶとんで寝てたりしてました。
最初の躾のおかげ?かインコのが先輩で若い頃はチワワの背中に乗って移動している姿はまるで王様と馬・・・そんな犬が☆になった翌月にジュリも逝きました。
なかよかったなー


今、そんな事思い出してます。
父と関係ないですけどね・・・でも鳥でも障害があっても鳥生をまっとうできたとおもうので父もがんばれ。自分で!
なんでもかんでも頼ったら楽だけど自分の為にはならないよっっっ

ホントだよ~

さあ、今日はおやすみなさい。
帰るための準備を目がさめたら始めます。

Posted on 00:53 [edit]

category: 鳥日記

tb: --   cm: 6

コメント

Re:片翼のジュリ

私も結婚する前は、自宅介護の経験があります。
家の場合は祖父でしたが、明治生まれの割りに体が大きく、お世話はなかなか大変でした。
やはり、介護の中心は母になるので、家も母は結構いらいらしていましたね。
お母様には、時々気分転換できるようなことがあると良いのではないかと思います。

ジュリちゃん、カラーリングが家のぴいすけに似てるなー、と拝見しました。
私はいつも一羽飼いばかりなので、NALさんちの鳥さんたちは、いつもお仲間がいて楽しそうだな、とちょっとうらやましいです。

URL | かわら #2UGFhZxQ
2008/08/28 12:06 | edit

かわらさんへ

やっぱり介護ってメインでやっている人はイライラするものなんですね~
もう少し父の褥瘡が良くなってくれればデイケアなどのサービスを利用して母の余暇時間を増やしてやれるんですが・・・もうしばらくは頑張るしかなさそうです。

この写真のセキセイインコがいた頃、私もずーと1羽飼いだったんですよ~
だからお友達もインコでなくワンコ(笑)で仲良くなったのかもですね~
今の大所帯はきっと私というよりも旦那のせいです。うん。きっと。<怒られそうだw

URL | NAL #64TjWBNY
2008/08/28 20:42 | edit

Re:片翼のジュリ

お久し振りです~NALさんお忙しそうですね!!
お疲れさまですっ
ジュリっぺちゃんは片羽だったんですね、それでも12年と長生きしてくれて本当にすばらしいインコですね。
障害がある子ほど強いのかもしれないですね、我が家のウーロンも一生懸命生きてくれてます(^∀^)
ジュリっぺちゃんのように長生きしてくれるといいです~

お父様も自由にならない体で戸惑うことも多いでしょうが、きっとこれから素晴らしい時間をすごせることと思います♪
優しいお母様とNALさんがついていてくれるのですから~☆

それにしても、ワンちゃんの背中に乗るインコって本当に可愛いですよね~理想的です!

URL | aya #-
2008/08/29 00:32 | edit

Re:片翼のジュリ

2年で片翼になったジュリちゃん。それから10年も生きたなんてすごい生命力ですね。チワワちゃんとも仲良かったなんてまさに理想像です。
きっと、いい環境でお友達もいて寂しくなく皆さんから愛情いっぱいもらってたんだなぁって思います。
お父さまのこと、心配ですね。家にも祖母がいるので分かります。祖母も今、夏の暑さにやられて入院しています。退院時にどこまで今までの生活が出来るのか不安です。
お父さまも家の祖母も自分で出来ることは自分でやるよう時間がかかっても努力して生きていてほしいです。

URL | みんく #-
2008/08/29 14:41 | edit

Re:片翼のジュリ

同じセキセイで樹理という子が我が家にもいました。
最も慣れたセキセイの女の子で、当時中高校生の私は
毎日毎日3羽のセキセイと学校に行きました。←バカ。
失った時…実はあまり良く覚えていないんです。
記憶が欠落しています。辛過ぎたのかな。
楽しいことばかり覚えています。
3羽のうちリーダー格の雪は1歳前に急に亡くなり、
樹理は8歳。そしてスプレッドレッグという障害を
抱えていた元気が12歳まで生きました。

なんだか上手くコメント出来ませんが…
私もこんな出来事があったのよ、ということで~。
NALさん、無理せずね。

URL | ミカコ #qOWB8fHs
2008/09/01 18:24 | edit

おへんじです~

お返事おそくなってごめんなさい~
父が帰ってきてバタバタしております。

◆ayaさんへ◆
障害をもつ子のが精神的に強いのかもしれませんね~
自分をよく知っているというか一生懸命さを人間も見習わないといけないですよね!

◆みんくさんへ◆
ジュリっぺさんは1羽飼いだったためか自分が大様で大変なツンデレ?ではありましたがわんことは気があったみたいですね~
今考えると、愛情たっぷり注げたのかなぁと考えさせられる部分もありましたが可愛い子でした。
ジュリっぺを知ったから今の子たちがいるわけですしね~
私の方が勉強させてもらった気がします。

◆ミカコさんへ◆
動物を飼って近くで見ているとしゃべらない分たくさんの事を目や態度で示してくれますよね。
障害をもっている子はさらにいろいろ教えてくれる気がします。
守ってやらなければいけない事とか思いやりとかずいぶん教えられました。
ジュリっぺにとっては楽しかった鳥生だったか分かりませんが今の子たちへの対応はジュリっぺがベースになっているのは絶対なので悪くはなかったんじゃないかなーと今は思えます!

いろいろありますよね・・・ホント

URL | NAL #64TjWBNY
2008/09/03 04:37 | edit

コメントの投稿

Secret

カウンター

プロフィール

ランキング

カテゴリー

インコ月齢カレンダー

リンク

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。